チョコレートをドロという先生




チョコレートは授業に関係ありません

娘の担任の先生は、チョコレートが嫌いなんだそうです。

理由は、ドロみたいだからって。

そして、バレンタイン前日の昨日、一言注意があったようです。

授業に関係のないものは持ってこないように!と、

友チョコが大流行していて何十個も配ると言う話を聞くので、ある程度規制をかけてくれているのでしょうね。

これも、優しさ!ありがたい。

他のある先生は、持って来るなとは言わないから、くれぐれも見つからないように!と注意があったそうです。

それも、なかなかお茶目な先生だなと、微笑ましく思いました。

娘は、担任の先生に絶対服従ですので、もちろん授業に関係のないものは持って行きません!笑

ある幼稚園児の初めてのバレンタインの話

私は、幼稚園の時の可愛いバレンタインエピソードを思い出しました。

当時、仲良くするお友達といえば、親同士が仲良しの場合がほとんどで、

たまたま、母と買い物している時にチョコの実演販売があり、「〇〇君に渡す?」と聞かれて軽く「うん」と答えた5歳の私。

バレンタイン当日の幼稚園の朝の会の時に、元気に「先生!〇〇君にチョコレート持ってきました」と堂々と発表

….今考えると恐ろしい幼稚園児、、、苦笑

先生は優しく

「じゃあ。渡しなさい〜」って言ってくれたのに、その相手の男の子は「ぼく、チョコレート家にあるから」と

恥ずかしくて、泣きそうになってて、、、笑

思い出すと笑えますね。

幼稚園卒園後は東京に引っ越ししたので、6歳以降の事はわからないのですが!

いいネタ持ってて良かったっ。

2017年バレンタイン製作の記録

こちらが、今年作ったもの。

  • 3色チョコクランチ(抹茶、ビター、いちごホワイト)
  • ガトーショコラ(お菓子教室にて)
  • ロリポップ(お菓子教室にて)

チョコレート好きとしては、味にも拘りたい!溶かして、固めるだけより美味しいものを作るために、製菓店でパフやフレークを購入しています。

そして、チョコレートもスーパーの板チョコより、製菓用クーベルチュールチョコレート、美味しくできますよ!お値段は、◯倍しますがね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です