頑張れ!と頑張ったね!の違い




合言葉は『がんばったね!』

お子さんに今日も1日頑張ったねって言えていますか?

学校から帰ってきて、がんばったねって言っていますか?

レッスンノートに、練習の記録を付けてきてくれると、

「こんなにがんばったのね!」「がんばったね!」って

たくさん声をかけてあげられる事ができます。

ぜひぜひ、ご活用くださいね。

頑張れ!はダメ?頑張ったね!は良い?

一見似ていて、同類語と勘違いしてしまいそうな、頑張れと頑張ったね

効果は雲泥の差なので、注意が必要ですよ。

頑張れ!といわれると

  • =頑張ってない。
  • =もっとやりなさい。
  • →自分はダメな人間だ。
  • が連想されますが、、、

*****テンション下がる〜******

頑張ったね!といわれると

  • =今までの過程を褒められた
  • =自分に自信が持てる
  • =前向きに生きれる
  • →嬉しい、もっと頑張ろう

*****テンション上がる〜******

でも、でも

わかっていても親も上手に言えない時ありませんか?

それは、親自身が自分に

親として頑張って!って思っていませんか?

自分に頑張ってるね!って

言いましょうね。

ここまでブログを読んで頂き、ありがとうございます。

私からあなたへ、

頑張ってるね!

を送ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です