「ピアノ教室 ピアノ 勉強 練習しない 練習させたい」タグアーカイブ

アップライトとグランドピアノの違い 〜楽器について〜

今日のレッスンで、「先生、家のピアノ〔アップライトピアノ〕で弾くと、今弾いた様にすべての音が鳴らなくて、、、出ない音があるんです、、、」って 高学年のYちゃん

アップライトピアノとグランドピアノは見た目の違いはもちろんの事、構造、音がなる仕組みが違います。

ある程度のレベルになると
自分の動き通りにピアノが反応してくれず、あれ?って感じることがありますよ🎶

これを感じてくれたYちゃん
そこまでピアノが上達したって事!私はこの質問をされて、嬉しさを感じたのでした《笑》

では解説していきましょう〜

グランドピアノで弾くとちゃんと音が鳴るのに
アップライトピアノでは音が鳴らない

それぞれの違いは以下の通りです。

●グランドピアノ●
押さえた鍵盤を3分の1まで戻すと次の音を鳴らすことができます。
→素早い連打、トリルも、繊細に奏でることができます。

●アップライトピアノ●
押さえた鍵盤が完全に戻らないと、次の音を鳴らすことは不可能です。
→グランドピアノに比べて、素早い音の連打やトリルに限界があります。ピアニッシモの演奏に限界があります。

YAMAHAのHPのデータによると
グランドピアノの連打 1秒間に14回
アップライトピアノの 1秒間に7回

というデータ【YAMAHAのHP】も出ています。

ある程度速い音を奏でられる様になると、この違いを感じてしまうのです。

ピアノを専門に勉強するならグランドピアノをと言われる所以は
こういう所にあるのですね。

ただ、置くためには住居問題もクリアーにしなければならないので、
そう簡単にグランドピアノを用意できないのが実情ですよね。

これを問題視していろいろな開発もされています。

アコースティックピアノや
グランフィールピアノ

電子ピアノもお値段の幅がすごくありますし、、、、

先生に相談しながら、楽器を用意される事をお勧めします。

これからも楽器について綴っていきたいと思います🎶

 

 

子供の力を引き出すNo,1〜褒めてばかりでは、ダメ?!親バカが行きすぎると、、、

子供は褒めて育てましょう

と聞いた時、私は全く腑に落ちませんでした。

親が褒めてばかりだと、、、
→悪いことをしても放置。何でも許す→
→子供はわがまま放題、自己中心的になる→
→ちゃんとした子供に育たない

という思いから。

褒めてばかりの親って、どうなの?
そんなに、褒めてばかりいられないでしょう!って思っていました。

この私の疑問

解決した言葉がこちら

「子供は、褒めるのではなく、認めて育てよう」

褒めるとなると、フォーカスされるのは

結果になります。

◉たとえば、テストで100点とった、1番をとった

◉かけっこで1位になった

◉ピアノのコンクールで1位になった

などなど、たいてい他人との比較からの結果

 

まあ、結果を褒めるのは簡単ですよね。

だって親だって嬉しくて自然に褒めてしまっているもの〜。笑

でも、でも!!!これ危険!!!!!

これをやっていると子供本来の力を完全に伸ばす事ができない

と思います。

たとえば、かけっこで1位をとったとします

これって、たまたま一緒に走った子が自分より遅かったというだけで、、、
たまたま一緒に走った子が体調不良かもしれなくて

1位というのは褒めるポイントではないという事

親は褒めるのではなくて

認める

とすると、、、運動会を真剣に取り組む子供の姿を見て

かけるべき言葉は

*****************************

一生懸命やっていたね、

見ていたよ、

頑張っていたね

楽しそうだったね

*****************************

などなど

あるがままの姿を認めるだけでいいのです。

 

結果ばかりを褒めていると

親バカ〜って笑い話の範ちゅうからハミ出てしまい

バカ親となりかねないので注意が必要ですね!

 

 

子供の力を引き出す〜親も楽しく〜

image

子供に

「ママ.みてみて〜」とか
「いっしょにやろ〜」っよく言われませんか?

うちの娘はすご〜く言ってきます。

不器用な私は仕事に家事に大忙しの毎日で
そんなにつき合ってられない!って思う事もシバシバ(汗)

先日、「かるたやろ〜」と娘が持って来たのもが
【あいうえカルタ】
すごく可愛いカルタですが、大人にとって
読み札の内容に全く魅力を感じません。

いやいや、悪いという事ではなくて!

私にとってはって事ですよ。。。

そこで考えたのが、

カルタすり替え作戦!!!

これだと、家族全員でたのしめます〜!

我が家のお気に入り♡

やはり、親も楽しまなくてはね!

おうち練習〜ぬいぐるみに聴いてもらおう!

image練習は孤独なものになりがち。

お家での練習も、
少しでも本番と近い意識で練習できると良いですよね。

家族に聴いて貰う事はとっても大事ですが
みな忙しいのでなかなか。。。

そんな時は、ぬいぐるみでも良いのですよ。
ピアノの前に、ぬいぐるみを並べて一人演奏会オススメです。