「プレゼント」タグアーカイブ

仕事始め〜ピアノは脳にいいって本当!

本州は幼稚園や学校が始まったようですが

冬休みが長い札幌、、、

この時期は、ディズニーランドやキッザリアが空いていて、東京帰省には絶好のチャンス!
なので、

例年私のレッスンもお休みを頂いて、帰省するのですが、、、涙

今年は子供達の習い事などの関係で札幌にstay
私も今日から仕事始めとなりました。

脳に良いピアノを楽しく沢山弾いて、楽しい一年にしましょうね。

という事で、、、まずは、ピアノが弾くたくなるように

ピアノをお勧めする記事から、

脳科学者 澤口俊介先生のお言葉から

「まず、ピアノを習えばピアノに必要なスキルが身につくのは言うまでもないですね。しかし、ピアノが他の習い事と違うのは、それだけに留まらない万能性があるからなんです」

なになに〜! 万能性???

「両手を並列かつ複雑に使う、
そして特に重要なのは両手を同じように使いますが、
その使い方がまったく異なるという点です。
これは他のものにはない非常に
高度な行為なんですね。」

あ、当たり前に右と左違う事していますが、、、

他にも無い高度な行為?

ほっほ〜確かに。やってますよ、右と左で違う事。

↑ピアノを小さい頃から弾いているとあまり意識していないけど、高度な行為!

そして、常に右と左の役割は変わりますし、バッハなどは3声、4声の曲があり

それを2本の手で右で弾いたり左で弾いたり分担しながら、演奏してます!

《↑自信満々〜、、鼻高々〜》

初めの頃は、右手がメロディー、左手が伴奏ね!

という曲弾いてます。

が段々難しくなると、言葉では言い表せない程なんとも複雑なことしてます、してます。

もっと専門用語を用いて解説すると

「ピアノのレッスンを続けることによって、
脳の監督役でもある前頭前野が構造的に発達し、
HQの長期的な発達につながります。

また、脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が太くなり、
左右の脳のバランスがよくなるんです。

まだまだあります。
小脳も大きくなり、運動機能や知的機能、感情的機能までもアップします。
さらに、海馬とよばれる部分が発達し、記憶力がアップするので、
学力向上につながります。

つまり、ピアノを習うことによって、脳機能をまんべんなく育て“地頭”をよくすることができ、スポーツや学力まで効果を及ぼすんです」

参考サイト http://mama.bibeaute.com/article/10659/

4つの専門用語が出てきましたね。それぞれを補足するとこういう事でした。

  • 前頭前野・・・脳の監督役
  • 脳梁(のうりょう)・・・が太くなり、左右の脳のバランスが良くなる
  • 小脳・・・運動機能、知的機能、感情的機能
  • 海馬・・・記憶力

これらの脳機能をまんべんなく育てると

地頭がよくなるという事で、、、

ピアノが脳に良いのですね〜フムフム

地頭が良いという事は、何をするにも有利ですものね。

いくら地頭がよくても、コツコツ努力する事ができないと本末転倒ですが。。。

本年も一緒にコツコツがんばりましょうね。

あ、私もですね、、、爆

練習しなさいダメダメ!その6〜親からの声がけ〜

練習しなさい!ダメダメシリーズもその6まできました。

ピアノの練習に例えて、お話していますが

これは、勉強やスポーツ何にでも置き換えて考えられますね。

 

では、今回のテーマ

〜親からの声がけ〜

何をするにも、何時でも、どんな時でも

「自己肯定感(セルフイメージ)を高める」

声がけ、プラスのメッセージが大切です。

大きく分けて2つあります。

1つ目は

『ほめる』

具体的には

「すごいね!」

「やったね!」

「上手だね!」

「がんばったもんね〜」

「さすがだね!」

わりと、これはやりやすいかなと思いますますが、

もうひとつ!忘れがちなのが2つ目

『子供を肯定する声がけ』、名付けて

『(あなたの事)、信じているよ』

人は誰しも「成長したい」という願望をもっています。【向上心】

なので、ピアノを習い始めた時は、

誰でも上手に素敵に演奏している自分を夢見て習い始めるのです。

成長の過程で、いくつもの超えなければいけない

急斜面があります。
時には、滑落しそうになることも!!!

それを乗り越える時に

大きな力となるのが、

『信じているよ』

のメッセージなのです。

具体的には

「○○ちゃんならできるわよ!」

「きっとうまくいくわよ!大丈夫!」

「楽しみだな〜!」

「ママも応援するからね!」

親からの『信じてるよ』メッセージ

これらの2つのプラスメッセージは

力強いパワーになりますよ!どんどん活用しましょうね。

ここで、混同してしまうと逆効果にもなる

親からの『心配!!!』

心配については

練習しなさい!ダメダメその7〜心配からくるマイナスメッセージ〜(準備中)へ

ピアノを学んで自律心をつける!

以前、テレビで脳科学者が言ってました。
「習い事はピアノをだけで充分」

実際、ピアノだけにするかは別として、多くの事を身につけられる事は確かだと思います。

演奏するためには

まず、《楽譜を読みます》

楽譜を読むという事は、沢山考えます。物語を読んで作者の思いを汲み取る(読解力)ように、楽譜からいろいろな事を読み取ら無くてはなりません。

拍子、テンポ、曲想、調性、強弱、ペダル

沢山の要素があります。

《音から感じとる感性を磨きます》

電子楽器は、誰が押しても同じ音ですが、ピアノは感性を表現できます。機械で作った量産品と手作りの品、違いますよね。自分の耳で音を聞き、感じ取る事が必要です。

《表現する力を養います》

いろいろな事が分かっていても、聞き手に伝わら無くては意味がありません。しっかり伝えるためには、技術が必要にもなります。そのためには、練習も必要ですね。

これらは、短期間で身につくものではありません。日々の生活から、少しづつ丁寧に積み上げる事が大切ですね。《自律心が養われる》

小学生のうちは、周りの子の曲の難易度に目が行きがちですが、楽しんで長く続けている子は、中学生になった時に飛躍的に上達できますよ。

そして、素敵な音楽や本物の芸術に触れる機会を沢山作れるといいですね!見えない力が付いてきます。

舞台での経験は何ものにも変えられない!宝物

昨日、発表会が無事に終わりました。
ご協力頂いた皆様、心より御礼申し上げます。

発表会、無事に?本当に?

あ、はい、、、

反省点はたくさんあります。改善点もいろいろあります。

ですが、失敗を恐れていては何の進歩しないから、

KANAピアノ教室発展のために頑張ろう!

発表会は、これからも毎年やろうと決めています。

生徒達も、いつも通り演奏できた子や

力を発揮できなかった子、いろいろ居ます。

でも、発表会に出なかった場合より、何倍も得るものがあったハズ!

発表会での経験は、宝物です♡

ご両親からのギフトですね^o^

自己肯定感を上げるチャンス!たくさん褒めてあげて下さいね。

ミスのあるなしに関係なく、舞台上で一人演奏するって、

凄い事ですもの!

舞台袖からでたら、一人ぼっちなんですよ、本当に心細いですから、、、

歩いて帰ってくるだけでも凄いの。本当に!

発表会に出ただけで、凄いのです♡

結果は準備に関係してくるのは否めません、、、涙

私の失敗も、準備の不備だと反省しています。

もう二度と同じミスは起きないように、したいと思いました。

教訓を得ればよいのよいの。

今朝、体操の内村公平選手も

テレビで言っていましたよ!

「どうして失敗しても気持ちを取り直して、金メダル取れたと思いますか」

と聞かれ

「練習ですかね」

と!!!やはり人一倍努力しているんですよね。

見えないところで、ストイック練習しているんですね。

私も頑張ります^o^

こちらは、お手伝してくれた卒業生へのプレゼント

img_1895.jpg

舞台のお花は、クラベルにお願いしました。

img_1917.jpg

子供の力を引き出す〜親も楽しく〜

image

子供に

「ママ.みてみて〜」とか
「いっしょにやろ〜」っよく言われませんか?

うちの娘はすご〜く言ってきます。

不器用な私は仕事に家事に大忙しの毎日で
そんなにつき合ってられない!って思う事もシバシバ(汗)

先日、「かるたやろ〜」と娘が持って来たのもが
【あいうえカルタ】
すごく可愛いカルタですが、大人にとって
読み札の内容に全く魅力を感じません。

いやいや、悪いという事ではなくて!

私にとってはって事ですよ。。。

そこで考えたのが、

カルタすり替え作戦!!!

これだと、家族全員でたのしめます〜!

我が家のお気に入り♡

やはり、親も楽しまなくてはね!

親がやらせたい習い事〜子供自身の気持ちを育てて〜

image

習うのは親でなく子供ですもの、
『子供自身の気持ちを育てるためのサポーターであるという自覚』を。

習い事を始めるきっかけ、背景には
二通りにあると考えています。

①親がやっている、やっていた

②よく知らないが、お友達がやっている、公告等の情報から魅力を感じている

きっかけはどちらでも問題ないと感じています。

私のお教室には

親がピアノを習っていた子や、
全く楽譜をよめません、
両手別々のことなんて出来ませんという親

いろいろ、いらっしゃいます🎶

我が家の息子が空手を始めるまでを
例に詳しくお話します。(少し長いです)
続きを読む 親がやらせたい習い事〜子供自身の気持ちを育てて〜