「練習しなさい!ダメダメ」タグアーカイブ

アップライトとグランドピアノの違い 〜楽器について〜

今日のレッスンで、「先生、家のピアノ〔アップライトピアノ〕で弾くと、今弾いた様にすべての音が鳴らなくて、、、出ない音があるんです、、、」って 高学年のYちゃん

アップライトピアノとグランドピアノは見た目の違いはもちろんの事、構造、音がなる仕組みが違います。

ある程度のレベルになると
自分の動き通りにピアノが反応してくれず、あれ?って感じることがありますよ🎶

これを感じてくれたYちゃん
そこまでピアノが上達したって事!私はこの質問をされて、嬉しさを感じたのでした《笑》

では解説していきましょう〜

グランドピアノで弾くとちゃんと音が鳴るのに
アップライトピアノでは音が鳴らない

それぞれの違いは以下の通りです。

●グランドピアノ●
押さえた鍵盤を3分の1まで戻すと次の音を鳴らすことができます。
→素早い連打、トリルも、繊細に奏でることができます。

●アップライトピアノ●
押さえた鍵盤が完全に戻らないと、次の音を鳴らすことは不可能です。
→グランドピアノに比べて、素早い音の連打やトリルに限界があります。ピアニッシモの演奏に限界があります。

YAMAHAのHPのデータによると
グランドピアノの連打 1秒間に14回
アップライトピアノの 1秒間に7回

というデータ【YAMAHAのHP】も出ています。

ある程度速い音を奏でられる様になると、この違いを感じてしまうのです。

ピアノを専門に勉強するならグランドピアノをと言われる所以は
こういう所にあるのですね。

ただ、置くためには住居問題もクリアーにしなければならないので、
そう簡単にグランドピアノを用意できないのが実情ですよね。

これを問題視していろいろな開発もされています。

アコースティックピアノや
グランフィールピアノ

電子ピアノもお値段の幅がすごくありますし、、、、

先生に相談しながら、楽器を用意される事をお勧めします。

これからも楽器について綴っていきたいと思います🎶

 

 

練習しなさいダメダメその8〜弾けるようになりたい?

春は新規入会の方がいらして
とっても大きなパワーを頂いています。

それは、「弾けるようになりたい」という
自らの意志が溢れているから!!

日々やらなければいけない事が沢山ある中で
ピアノに通い学び弾けるようになりたい

という、思い

この核

「弾けるようになりたい」という思いが

これが何より大切なんだなと思います。

 

生徒は学校で歌う合唱の伴奏譜を、よく持ってきます。
子供向けの編曲ではなく
ちょっと難しい?って思う時もあります。

でも、決して
『これは、〇〇ちゃんには少し難しくて無理ね』
なんて、ぜ〜〜〜〜〜ったい言いません。

まずかける言葉は
『この曲の伴奏やりたいの?』と
問いかけます。
『うん!』と元気よくの時は問題なく
うん!じゃあ、練習がんばろう!となるのですが、、、
よくよく考えて
『う〜ん、、、弾きたい、、、かな?』など
渋々の時、

その背景には私に弾けるのだろうか
先生に無理って言われるのではないか?

等々の心配事が背景にあるようです。

努力をするのは、本人です。
本人が弾きたいって言うかが
私の判断基準です。

難しい所は音を省いたり編曲したり
そこは、私の出番!喜んでお手伝いします🎶

『この曲弾けるようになりたい!』

という思いの核
これがあれば、目標に向かって走り続けられるのです。

この曲弾けるようになりたい!という気持ち

大切に育てたいです。

KANAピアノ教室

 

 

練習しなさいダメダメその7〜心配からくるマイナスメッセージ〜

このシリーズ、11月から随分間が空いてしまいました、、、反省

今回は、告知したままになっていた、心配からくるメッセージ
これ、すごく難しいですよね

親ですもの、我が子が思い通り、理想通りに行動していないと
カッチーン!!!ときますよ。←私のこと???笑

すると、つい

練習しなさい!勉強しなさい!って言いたくなる

でも、冷静に考えるとそれって心配から来てませんか?

宿題の課題曲が弾けてない、発表会の曲が弾けてない

親は、人生経験が豊富なので
その練習では、本番きちんと弾けない、先生のお宅できちんと弾けない
と結果を想像できるから心配するのです。

でも、、、、

子供はどうでしょう、、、、

練習してない自分を棚に上げて、無邪気に遊んでる

それを見て、余計に親はイライラ!ピリピリ!!!

モーーーーーーー!

いい加減に練習しなさい!と言いたくなるけです。

 

「練習しなさい!」が良くない事は、もうおわかりでしたね。

それ以外にも、心配からくるメッセージには

「大丈夫なの?間違えないで弾けるの?」

「発表会間に合うの?間違えないで弾けるの?」

という心配メーッセージを掛けてしまう親御さんもいるようです。

、、、その子の演奏は、

《弱々しく心配の音を奏でます》

そして、子供も

「あ〜間違えたらどうしよう」とよく言います。

私は、そんな生徒に

「弾く前から間違える事考えてるの?弾く前から間違えのこと考えてたら楽しく弾けないでしょっ。間違えるのは結果よ、そんなこと考えてもしょうがないじゃない!」

と言って弾かせます。

でも、私も音大の試験の直前、いつも「間違えたらどうしよう、上手く弾けなかったらどうしよう」と考えている人でした。そんな私の結果はご想像の通り、、、涙

これは、実体験から確実に言えること。

「発表会大丈夫?間に合うの?」

などと、心配を親が口にすると
子供にも伝染します。

「発表会大丈夫かな?弾けるかな?」と、、、
それは、明らかにマイナスメッセージ!

【上手に弾けない】【間違えてしまう】

と脳にインプットされるのです。

なので、絶対に不安な気持ちは口にださにようにお願いしたいです。

かといって、放置でいいの?勝手にしてなさいと、何も言わない?

ダメダメ!

肥料やり環境整備は親の役目

不安な気持ちがあれば、是非是非子供の演奏を聴いてあげてください。
間違えを正すのではなく、【プラスのメッセージ】を!!
『少しづつ良くなってるね!努力してるからだね。偉いね』
『この部分素敵な曲だね』など

ポイントは、結果《素晴らしい演奏》に目を向けるのではなく
過程《練習している、ピアノに向かってる、弾けるようになりたい気持ち》を
クローズアップしてください。

部分的に弾けてる場所でも

演奏姿勢でも、

1音でも

イイね〜!!と

声をかけてあげてください。

間違えを見つけた場合は、
「ここはソじゃなくてソの♯でしょ!」

と答えを教えるのではなく、
楽譜を指差し「ここ良く見て」と本人に気付かせましょう。

そして、一個ずつ不安を取り除いていきましょう。
カレンダーや手帳に練習した日をチェックして
努力を目に見えるようにするのもオススメですよ。

 

 

 

 

 

 

練習しなさいダメダメ!その6〜親からの声がけ〜

練習しなさい!ダメダメシリーズもその6まできました。

ピアノの練習に例えて、お話していますが

これは、勉強やスポーツ何にでも置き換えて考えられますね。

 

では、今回のテーマ

〜親からの声がけ〜

何をするにも、何時でも、どんな時でも

「自己肯定感(セルフイメージ)を高める」

声がけ、プラスのメッセージが大切です。

大きく分けて2つあります。

1つ目は

『ほめる』

具体的には

「すごいね!」

「やったね!」

「上手だね!」

「がんばったもんね〜」

「さすがだね!」

わりと、これはやりやすいかなと思いますますが、

もうひとつ!忘れがちなのが2つ目

『子供を肯定する声がけ』、名付けて

『(あなたの事)、信じているよ』

人は誰しも「成長したい」という願望をもっています。【向上心】

なので、ピアノを習い始めた時は、

誰でも上手に素敵に演奏している自分を夢見て習い始めるのです。

成長の過程で、いくつもの超えなければいけない

急斜面があります。
時には、滑落しそうになることも!!!

それを乗り越える時に

大きな力となるのが、

『信じているよ』

のメッセージなのです。

具体的には

「○○ちゃんならできるわよ!」

「きっとうまくいくわよ!大丈夫!」

「楽しみだな〜!」

「ママも応援するからね!」

親からの『信じてるよ』メッセージ

これらの2つのプラスメッセージは

力強いパワーになりますよ!どんどん活用しましょうね。

ここで、混同してしまうと逆効果にもなる

親からの『心配!!!』

心配については

練習しなさい!ダメダメその7〜心配からくるマイナスメッセージ〜(準備中)へ

練習しなさい!ダメダメその5〜成功体験を重ねよう〜

ピアノの練習が、1日出来たら

それは立派な成功体験!
母の力添えのおかげ、環境を作った、声がけ一工夫してみた
だからだね!!!

しっかりと努力を認めて、また明日も頑張ろうねと繋げていくことも
忘れずにね〜。

全くピアノに触れない1日は0時間

たとえ、10分でも練習できたとすれば

10✖️7日で70分

その蓄積は多大な力をつける事になり

たとえ、1日で70分練習した場合と比較しても

全く違う上達効果です。

  • 朝、学校へ行く前
  • 帰宅してすぐ
  • ご飯食べる前

どこかで時間を作れないか考えてみたらいかがですか?

昨日出来なかった事は、翌日「アレ、出来てる〜」って

よくある事ですよ!

練習しなさい!ダメダメその4〜タイミングよくねぎらう〜

子供と待ち合わせの約束をしてみた、

ママも一緒に学ぶ気持ちでピアノの横に座ってみる。

「ピアノの前で、17時にね」

お〜〜〜きたきた
ピアノの前で喜びのハグ♡
↑このタイミング大事。出来た時にしっかり親の気持ちを伝えましょう。

「ママとの約束守ってくれてありがとう〜」

と喜びのハグも程々にして(笑)

さ〜ピアノの練習はじめましょう!!

そして練習の後には、
「今日は練習頑張ったね。」と

完璧に弾けたかではなく、集中して取り組めた事をねぎらいましょう。

「また明日頑張ったらもっと上手になるね〜」

と良い事の連鎖が繋がるような声がけも大切。

練習しなさい!ダメダメその3〜環境が大事〜

「約束を守ってくれなくて悲しい。。。」

  • ピアノだって買ってあげたのに!
  • お月謝だって払ってあげてるのに!
  • お教室への送迎だってしてあげてるのに!
  • 楽譜だって買ってあげたのに!

親の感情は渦巻いています。
たくさんの怒り、いやいや違う違う!
悲しみが見つかります。

でもそこに目を向けていては

前へは進めませんね。

あとは環境を整えてみましょう。

子供がピアノ(勉強)に向かいやすい環境が整っているかです。

お母さんも一緒に学ぶのはとても効果的です。

練習しなさい!ダメダメその2〜親からの贈り物〜

17時に練習(勉強)はじめると約束したのに。。。

「はやくピアノの練習(勉強)初めなさい!」

ではなく、、、

「時間になったわよ〜」と
優しく声をかけてみたけれど
子供は動かず。。。

怒り?むかつく?
Noーーー!
怒ってはダメダメ

悲しい。。。そう、そう
子供の為を思って、学ばせようとしている
親心
子供へのですよね、

知識、能力を付けてあげる事は
どんな高価なおもちゃを与えるよりも

素晴らしい事!

そんな親心を分かってくれない子供よ
私は悲しいよ、
苦しめようとしている訳ではないのよ
悲しい、悲しい

子供に言っておきましょう
「ママ(私)との約束守ってくれなくて悲しいな」

これで良いの良いの
「ピアノの練習しなさい!勉強しなさい!」はダメよ〜ダメダメ