KANAピアノ音楽教室 ブログ

プリンターのインクの準備大切ですね、

2021/6/18

こんにちは、札幌でKANAピアノ教室を主宰しておりますKANAです。 今日は、我が家思春期息子との事件簿をご紹介しようと思います。 我が家もプリンターは、コロナ禍に入ってすぐの緊急事態宣言中に購入したので、まだ1年くらいです。なので、そんなに古いものではないのですが、、、 近くの電気屋でインクが買えないーーー!という現実 以前、インクの在庫があるのにプリンターが壊れて予備インクが無駄になるという経験をしてので、あまり沢山在庫を持つのが嫌で、、、少なくなってから購入していたのですが、買えない 困った時のネッ ...

ReadMore

KANAピアノ音楽教室 ブログ

熊本天草から河内晩柑を、SDGsに貢献できた〜、見た目で選んじゃ駄目よ!

2021/6/20

こんには、札幌でKANAピアノ音楽教室、主宰しておりますKANAです。 見た目は気にしません、美味しいのなら! SDGSに貢献できる。 柑橘系の果物、もっと食べたいな〜と思っていたところ、、、 ピアノ教室主宰のみどり先生のご実家で晩柑を作っていると!!! 【訳あり商品】だとお得と知り、早速飛びつきました。 皮は捨てるだけだし、味に変りはないとなれば、 安くたくさん食べたいー!ということで すぐに注文すると、速やかに発送してくださり感謝~。 気になる方は、みどりんに聞いてみてくださいね! SDGs、みんなの ...

ReadMore

KANAピアノ音楽教室 ブログ

こだわりたい、発表会記念品。アイシングクッキーに惹かれる!

2021/6/16

望みを叶えてくれる強い味方、アイシングクッキー。 こんにちは、札幌でKANAピアノ音楽教室を主宰していますKANAです。 先日、魂の背番号ということで、いわさみほさんに数秘診断をしていただきました。 頂いたカードに書かれていた背番号は 7-5-7 生まれた日にちなども掛け合わせて、メッセージを頂いたのですが、納得の内容。 作品づくりには妥協しない、職人タイプ わかります、、、納得です~! 些細な事が気になって、前に進めないという経験何度もして事あります。 発表会の記念品選びは、曲選び同様にとても大切な事。 ...

ReadMore

ブログ

指先を使えば使うほど、算数力があがるって本当

2021/6/16

こんにちは、札幌でKANAピアノ音楽教室を主宰しています、KANAです。 以前『ピアノでIQ,EQが高まる』という記事を書きましたが、これはしっかりとした根拠があるからです。今回はIQに関わる算数力ついての記事です。ピアノでIQが高まるについて探っていきます。 何人かの研究者が、手先を動かす効果について、しっかりとデータを発表してくれています。感謝!!! その中の1つ、ベルギーの研究データをご紹介します。 マリア・グラシア教授が立証、指先は「第二の脳」指先と計算力の関係 楽譜って、足し算と変わり算とか、深 ...

ReadMore

ブログ 楽器について ピアノ

日本の二大ピアノメーカー、YAMAHA、KAWAI誕生秘話

2021/6/15

世界的にも人気の日本の2代ピアノ、YAMAHAとKAWAIの誕生秘話を探っていこうと思います。
山葉寅楠と河合小市と、この二人を支えた人々によって、日本の音楽教育は飛躍的発展しました。

ReadMore

KANAピアノ音楽教室 ブログ

札幌にある素敵なホール Kitara 大ホールにはパイプオルガン

2021/6/13

大ホールにあるパイプオルガンは、フランスのアルフレッド・ケルン社製。見た目の美しさも、音響の素晴らしさもいう事なしのホールです。このパイプオルガンは、2年の歳月をかけてKitaraのために制作されたもので、北海道の針葉樹林をモチーフとして作られ

ReadMore

KANAピアノ音楽教室 ピアノは脳にいい ブログ

わが子に幸せになってほしい!と願う親は音楽教室へGO!

2021/6/12

幸福度研究者の第一人者 前野教授が立証、音楽教室に通う事は効果的。子供の時代に音楽の習い事を経験した人と、未経験な人を比較すると、経験者の方が幸福度は高い

ReadMore

KANAピアノ音楽教室 ピアノは脳にいい ブログ

多様化する現代社会に必要な能力、EQ,IQはピアノで育めるって本当

2021/6/11

いま、子供につけるべき力は、IQよりEQという事を聞いたことありますか? EQという言葉の解説,IQとEQを比較して理解する EQは、Emotional Intelligence Quotientの略称で 一言でいうと、≪≪≪ 心の知能指数 ≫≫≫といわれます。 IQが高いという事は、 物事を的確かつ、正確に処理する能力に長けているという事になるので、テストでいい点が取れるとか、偏差値が高くでやすいという事になります。 テスト勉強に、記憶力は欠かせませんし、テスト問題にとりかかっているときは、分析力、思考 ...

ReadMore

KANAピアノ音楽教室 ピアノは脳にいい ブログ

習い事ランキングで立証、ピアノは人気の習い事。ピアノでIQ、EQを高めよう

2021/6/11

小学生習い事ランキング、上位にピアノが!!ピアノが脳にいい、習うと頭が良くなる。シニアにとっては、認知症予防が医学的に証明されているように、右手と左手違ううごきをするピアノが脳によいのは、いうまでもありません。

ReadMore

KANAピアノ音楽教室 ブログ 中学校音楽テスト対策

中学テスト対策、世界最古のオーケストラ「雅楽 越天楽」

2021/6/13

◆テスト前には【重要語句】をしっかり覚えましょう。◆ 世界最古のオーケストラは日本にあった!それは【雅楽】です。 世界最古ですよー!それが日本にあったとは^ ^自慢したくなりますね。 雅楽について これは、【雅楽】の演奏風景です。 西洋音楽は、音楽の父と言われるバッハが1600年代から活躍しているので、今から400年弱前の17世紀。 こちらの雅楽は、【10世紀頃】に完成していると言われているので、【1300年】の歴史をもつ芸能なのです。 オーケストラにある、管楽器、弦楽器、打楽器の3つの楽器を言い換えると ...

ReadMore

8歳までに育てないといけないのは耳だけではなかった!!!

音楽を楽しむためには、よい耳があるととても有利です。そんな良質な耳をもった人になるには、8歳までにしっかりと耳を育てることが大切です。音が聞き分けられれば、耳コピだって簡単に行えますし、一度聞いた曲をすぐに自分のものにして演奏することも可能となってきます。

耳を育てることは、今までも盛んに行われてきていましたが、もう一つ忘れていけない事があるのです。

そこで、今回この記事では

  1. 絶対音感をつけるには期限がある
  2. 幼児期に「視覚」を鍛えることが必要
  3. 生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんの顔もみえていない

について解説していきます。

①絶対音感を付けられる時期には期限があるがある

絶対音感は小さいころにしか育たないこと事は、だいぶ浸透してきていますね。

レッスンに体験にいらっしゃる方の多くが、この事はすでにご存じのようです。絶対音感がある人とない人では、一曲を仕上げるための習得時間に大きなさがあるといわれています。実際、私がレッスンしていて実感しています。絶対音感がある生徒は、あっという間に長い曲も、暗記できるようです。これらの理由もあり、『ピアノを習い始めるには、早ければ早いほうが、お得』となります

聞いた曲が、あっという間に覚えられ、演奏できるなんて素敵だと思いませんか?

そんな絶対音感ですが、8歳以降につくことはないといわれています。7歳までにお稽古をはじめなければ、つかなかったという実験データは、学界でも発表されています。

➡絶対音感と相対音感の記事もぜひご覧ください

では、耳だけ育てていれば、必ずピアノを長く楽しめるようになるのか?それは、私の実体験からいうと『NO!』です。

もちろん、これは100%、NOという話でなく、簡単な曲が弾ければいい、または、1曲弾ければそれで満足という場合は、この中に属しません。自由に、不自由なくどんな曲でも楽しめる、演奏できるには、音感、読譜力、演奏テクニックが必要です。

【子育てって、何事もそうですね。個々の環境関係してくるので、一概には言えないところがあります、それぞれの環境の中で最善の道を探すが大事だと思います】

幼児期に『視覚』を鍛えることが必要。忘れがちなので注意!

では、耳は良いのに難しい曲へ進めない事の弊害は何か?それは、楽譜を読む力が関係してきます。【読譜力】音符が読めて楽譜のあらゆる情報を読み取れること、この力がないとなかなか新しい曲へトライし続ける事は難しくなります。

子供が学習していく上で、学ぶために読み書き計算を勉強するには、すべて視覚機能が必要です。

逆に言うと、視覚機能に問題があると、音符、文字、図形や絵を見て判断することができないために、理解が難しいのです。これらのことから、ピアノを学ぶことが、賢い子を生み出すということに繋がっていくのです。目の前の音符から、想像力を働かせて、読み取り表現する力、これが学習すべてに生きていくのです。いわれたことをする、という能力だけでは、素晴らしい演奏は生れないのです。

子供の成長の中で、臨界期があるのは、『視覚』『聴覚』の2つとわかってきています。この事から、視覚をしっかり鍛えていくことが、こどもの能力を最大限に引き出すということに繋がってくるのです。

生まれたばかり赤ちゃんは、お母さん顔も見えていない?

赤ちゃんは、生まれた時の視覚は、未熟です。段階を追って、見ていきましょう。

  • 生後 5~6週 ある程度の大きな玩具のようなものをみつめるようになる。
  • 生後 2カ月 人や手の動きを目で追うようになる。
  • 生後 3カ月 やや小さなものを目で追えるようになる、同時に頭もその方向に動かすことはできるようになる。
  • 生後 4か月 自分の手をじっと見つめたり、それを見て探索する。
  • 生後 5カ月 座ってものを見るようになるので、視界が広がる。
  • 生後 1歳 歩くようになり、ますます視界が広がる。
  • 生後 2歳 視力が0.5くらいになる。

    この時期より6歳ころまで、眼帯などで眼を覆い使用しないと、視力を消失する可能性がある。【神経回路は、使わないと不必要と判断し、その能力は機能しなくなる事によっておこる現象。】

これらの事を踏まえ、音符ビッツは0歳から使用可能という事になっていて、できるだけ小さいうちから、音符を見せフラッシュカードとして音符ビッツで視覚へ刺激を与える、『パターン認識』させることで視覚を発達させることはとても有効的です。

毎日お家でもカードを見せること、ピアノのレッスンに来た時だけではなく、日々見せることがとっても効果的なのです!

私もわが子が生まれた時、グレンドーマンの本を読みました。チェッカー模様をベビーベッドの周りに貼り、喜んでるか喜んでいないかわからない赤ちゃんにカードを見せることに抵抗を感じ、あまりやりませんでした。汗、、、

でも、音符ビッズだったら何の抵抗もなく0歳から音符ビッズをみせただろうな~とちょっと悔しい気持ちがが沸いてきます。

子育って難しいですよね、、、

赤ちゃんが生まれると毎日が必死で、いっぱいいっぱいで、、、知育の事など考える余裕、あまりありません。

ですから、ぜひ0歳からの音符ビッツコースのレッスンにいらして下さい♪一緒に、0歳から音楽を楽しみましょう!

次回は

パターン認識力ってなにも

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KANA

北海道札幌市でKANAピアノ音楽教室を主宰 0歳からプラチナ世代までの育脳レッスン 川崎紫明音符ビッツを使用教室

おすすめ記事

PAGE TOP

© 2021 KANAピアノ音楽教室 Powered by AFFINGER5