100回チャレンジシート、誰のためにあるの?何のためにするの?

  1. HOME >
  2. BLOG >

100回チャレンジシート、誰のためにあるの?何のためにするの?

こんにちは、札幌でKANAピアノ音楽教室を主宰していますKANAです。

今日より、音符ビッツ100回チャレンジシートにチャレンジしてくれる生徒ちゃんを募集しています!

え?募集って全員ではないの???

強制ではありませんし、しっかりルールを理解してくれる人のみとしました。

なぜかというと、、、

100回チャレンジ事件簿1

以前、ハノン強化月間にしようと、励みにしてほしい、頑張ってほしいという思いから、ハノン100回チャレンジをした事があります。

その時、Eちゃんは、レッスンへやってきて、楽譜を出しチェック表をみて、「先生、やったのに書くの忘れたから、今書くとまとめて10個チェック!!!」したのです。

その時、私はえ?!と思ったのですが、やったんだよ~本当だから。と一方的に書き始めたので、止められず、、、そばで私はこう言いました「次回からは、ここで書くのはなしよ!」
と。

つぎのレッスン、「また忘れちゃった~・○○○○とチェックする・・・」

あああああ、、、、

はっきり言って、ピアノの先生は家でどんな練習してきたのか、演奏を聴けば一目瞭然

頑張りを形にして、より励んでほしい、実力をつけてほしい!というのが

先生の思いです。

なのに、、、これって意味ある?ただご褒美が欲しいだけ???

家での練習の質が、よく現れてると思いませんか?。

1回の練習の質がどんな差を作り出すのか、ぜひ考えてほしいです!!

 

練習の励みにしたくて始めたチェック表なのに、受け取りての生徒は

チェックする事が目的になっていて、ピアノの力が付いたというところに全く目をむくてくれませんでした。

これは、私の説明不足!

はじめに、これはダメ、というルールが曖昧だったのが悪い。

先生の目的はどういう事が、しっかり話さなけれ意味ない!!!という経験をしました。

先生も日々成長してます~(笑)

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KANA

0歳からの成功する脳トレ【KANAピアノ音楽教室】”笑顔”と”楽しい”が能力を伸ばす、育脳レッスン。音楽初心者のママもパパも安心のフォロー体制。大注目されている、エリート脳開花教室。脳トレピアノで受験も怖くない~! ★★★体験レッスン続出中!★★★ 音符ビッツ&北海道初脳トレピアノ®エグゼクティブ講師(札幌支部長) デザートとお花好きな一男一女のママ。

おすすめ記事

© 2021 TOP Powered by AFFINGER5