子供の力を引き出すNo.2〜褒めていけないわけではないで!!ご注意を〜




00000251

前回 子供を力を引き出す I believeで

褒めるではなく認めて!が大切をいう記事を書きました。

共感も声も頂けて、とっても嬉しかったです。〔小心者なので、、、〕

私は、思いを文章にする事がとても苦手なので、
《完全に感覚と直感で生きてきたので、、、》
言葉が足りなかったな〜と思うことがあって補足の意味も込め

この記事、No2で続きです。

褒めるではなく、認めると書きましたが

これは、

褒めていけない という事ではない!

ということ!

1位をとった、素晴らしい結果を残した時には

大いに褒めていいと思っています。

そこに至るまでの努力が絶対にあったはずだから🎶
努力は認められるべきですし、これからの努力に拍車がかかるのは間違えないから。

でも、立場によって整理しておくと良いかなと考えています。

親は、褒めるよりも認める認める!!

お友達、親戚、おじいちゃん、おばあちゃんからの褒め言葉

も〜どんどんWelcomですよね。

結果がでると、メダルもらった、みんなの前で表彰された等々、すごいね!って声を掛けられた。

すると、本人もしっかり努力が報われる

そして、またまた次も頑張ろうと努力する力の湧いてきますものね。

ただ、、、、

もし親が同じスタンスで褒めていたら

◉結果に甘んじてしまう恐れ

◉結果ばかりを気にする子供になってしまう恐れ、、、

は、あると思います。

こっちへいくと、結果がついてこないという負のスパイラルに突入するのです!!!!!!!!!!!恐ろしい!

つまり、

子供の力が完全に引き出せなくなる、、、

なので、我が子には

認めて認めての姿勢を貫く
I believe

大切だと思いませんか?