okumurakana のすべての投稿

練習しなさいダメダメ!その9〜親と子は違う花〜

前回のその7で『心配からくるマイナスメッセージ』は
よくないという話を記事にしましたが、

褒める方がいいに決まってる!

って思いはあるのに、ついつい言い過ぎてしまうという事だと思います。
もちろん、私も子育て真っ只中。

いつも褒めてる?マイナスのメッセージ送ってない?

そんな訳ないですヨーーーー汗、汗、汗
親も子供と共に成長すればいいのでは!と自分を慰めながら過ごしています。

解決の糸口として思っていること、それは、

《子供と親は違う株の花》

だという事

母親は自分の身体から産まれた我が子なので
ついつい、

自分と同じ根を持ち、同じ株の中で咲く花、
だと勘違いしてしまうのではないでしょうか。

そして自分ではなし得なかったことを押し付ける、、、

でも、人はそれぞれ違う【種】から咲く花だと考えてみると

  • 親の思いとは全く違う花かもしれない
  • 親の理想とは全く違う環境の方がよく育つ品種かもしれない

、、、と

子育ての悪循環の元をさぐる

ここで子育てが難しいなと思うポイントを発見。

種を見ただけで、これが

何の花の種だか、教えてくれたらいいのと思う、、、

例えば、
これは【ひまわりの種】だとわかって育て始めれば、ひまわりに適した環境が明確にある程度情報が出回ってますよね。

でも我が子はというと、、、

どんな花が咲く?そもそも花咲く???
と心配、不安でしかありません。

なので、褒められない(≧∇≦)

の悪循環

わかりますよー!わかります。←私もついついマイナスメッセージかけてますから、、、

オギャーと生まれた時に

私はこんな花を咲かせます〜〜と説明書が付いていたなら、どんなに楽か、

って思いますもの。

でも、子は子の根っこがあり、自分の葉と茎から花を咲かせる。

だから、親に出来るのは水と肥料を与えること。

距離が遠すぎても近すぎてもダメって事ですね〜、難しい!!!

そう

完璧なんてないの《自分が完璧ではないので、これを強調》

でも、愛情があれば言いすぎたって、泣かせても、大丈夫。【虐待はだめですよー!!】

その背景にママの愛情があった事、子供ってよく感じ取ってますよね。

一番核にあるのは、子供への愛情という事になるのでしょうか、、、

それにしても、理想の母への道のりは険しい、、、

ありがたいことに私のお教室のママ様たちは、

ママ様自身もお子様自身も素敵に花咲いている!!!

塗り絵、コロリアージュと色鉛筆

image

昔からある

塗り絵 ですが ここはおしゃれに

コロリアージュ

子供用の塗り絵を買っても、すぐに塗り終わってしまうし、

単調だし。。。

思い切って大人用を塗らせてみた!

これが、なかなかGOODで、子供用の塗り絵は買わなくなりました。

検索すると無料のサイトもいろいろ出てきますが、

書店でも沢山販売されていますね。

塗り絵の紹介


布川愛子さんの

素敵なギフト柄がいっぱいの塗り絵ブック

右側の塗りかけのお花は、娘が塗ったものです。

子供の色合わせって、斬新でいいですよね。

私が塗ると、ついつい、同系色で揃えてしまったり、

計算しすぎてイマイチだったり、、、

子供の感性にはかないません。

そして、使用する色鉛筆も素敵なものが発売されていて嬉しいですね。

色鉛筆の紹介


サクラクーピーペンシル30

日本が誇れるメーカー

サクラクーピーペンシル

made in JAPANですよー!

日本製でも、こんな素敵なニュアンスカラーがあるのですから、、、

私が子供の頃は、なかったですよね、

このクーピーの蓋にこんな印字。

色鉛筆がシンポした

芯が折れにくい芯ばかりのカラーペンシル、消しゴムで消しやすくなっています。

色鉛筆の書きやすさと、クレヨンのもつ発色の美しさを生かした新しいタイプの色鉛筆です。

素晴らしい〜〜、頑張れMADE in JAPANですね。

そして、インポート品で有名なのが

カランダッシュ (Caran d’Ache)

1915年に創業の老舗ブランドです。鉛筆工場が前身で、スイス最大の筆記具メーカーです。

私が小学生の時、海外出張のお土産で父が買って来てくれた色鉛筆がコレでした。

絵を描いたり塗り絵をしたりするのが好きだった私へのお土産、ナイスチョイス!!

なんと30年以上も大切にしてるなんて、なんていい娘なのでしょう〜 笑

因みに、姉はジグソーパズルにハマっていて

1000ピースはあるものを買ってきていたような、、、

ただ、海外でパズルを買ってくると、大変な事が!

入れる額のサイズが日本の企画に合わないので、特徴となり割高です、、、

そこは要注意ですよ〜

話が逸れました、、、

色鉛筆に話を戻して、、、

これこれ↓


これが30年も前のものなんですよー

汚れもありますね、、、ビンテージ品ですね。

ケースはとっくにありませんし、50色はあっただろう色鉛筆も半分以下しか残ってませんが、捨てられずに何度もの引っ越しを私と共に乗り越え今も使ってます。

やはり、色が素敵ですよね〜

こちらは、SWISS MADE

カランダッシュ/CARAND’ACHE PRISMALO 水溶性 色鉛筆 プリズマロ

今の販売価格をみで驚愕しました!

絶対に当時はそんなに高くないはず、、、

やはり、大切にします〜笑

そして、こちらは昨年、娘が祖母からヨーロッパのお土産で貰った色鉛筆

同じ緑でも3トーンの緑が入っています。

これも、素敵〜

Processed with MOLDIV
kana77.com コロリアージュ

親子の時間を楽しみたい時、子供目線に大人が下がるだけれはなく
大人も楽しい時間、本物、奥深いものに触れさせる事って

大事なんじゃないかと思います。

もちろん、親の大好きな音楽を一緒に聴くのも楽しいですよね。

仕事始め〜ピアノは脳にいいって本当!

本州は幼稚園や学校が始まったようですが

冬休みが長い札幌、、、

この時期は、ディズニーランドやキッザリアが空いていて、東京帰省には絶好のチャンス!
なので、

例年私のレッスンもお休みを頂いて、帰省するのですが、、、涙

今年は子供達の習い事などの関係で札幌にstay
私も今日から仕事始めとなりました。

脳に良いピアノを楽しく沢山弾いて、楽しい一年にしましょうね。

という事で、、、まずは、ピアノが弾くたくなるように

ピアノをお勧めする記事から、

脳科学者 澤口俊介先生のお言葉から

「まず、ピアノを習えばピアノに必要なスキルが身につくのは言うまでもないですね。しかし、ピアノが他の習い事と違うのは、それだけに留まらない万能性があるからなんです」

なになに〜! 万能性???

「両手を並列かつ複雑に使う、
そして特に重要なのは両手を同じように使いますが、
その使い方がまったく異なるという点です。
これは他のものにはない非常に
高度な行為なんですね。」

あ、当たり前に右と左違う事していますが、、、

他にも無い高度な行為?

ほっほ〜確かに。やってますよ、右と左で違う事。

↑ピアノを小さい頃から弾いているとあまり意識していないけど、高度な行為!

そして、常に右と左の役割は変わりますし、バッハなどは3声、4声の曲があり

それを2本の手で右で弾いたり左で弾いたり分担しながら、演奏してます!

《↑自信満々〜、、鼻高々〜》

初めの頃は、右手がメロディー、左手が伴奏ね!

という曲弾いてます。

が段々難しくなると、言葉では言い表せない程なんとも複雑なことしてます、してます。

もっと専門用語を用いて解説すると

「ピアノのレッスンを続けることによって、
脳の監督役でもある前頭前野が構造的に発達し、
HQの長期的な発達につながります。

また、脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が太くなり、
左右の脳のバランスがよくなるんです。

まだまだあります。
小脳も大きくなり、運動機能や知的機能、感情的機能までもアップします。
さらに、海馬とよばれる部分が発達し、記憶力がアップするので、
学力向上につながります。

つまり、ピアノを習うことによって、脳機能をまんべんなく育て“地頭”をよくすることができ、スポーツや学力まで効果を及ぼすんです」

参考サイト http://mama.bibeaute.com/article/10659/

4つの専門用語が出てきましたね。それぞれを補足するとこういう事でした。

  • 前頭前野・・・脳の監督役
  • 脳梁(のうりょう)・・・が太くなり、左右の脳のバランスが良くなる
  • 小脳・・・運動機能、知的機能、感情的機能
  • 海馬・・・記憶力

これらの脳機能をまんべんなく育てると

地頭がよくなるという事で、、、

ピアノが脳に良いのですね〜フムフム

地頭が良いという事は、何をするにも有利ですものね。

いくら地頭がよくても、コツコツ努力する事ができないと本末転倒ですが。。。

本年も一緒にコツコツがんばりましょうね。

あ、私もですね、、、爆

子供の力を引き出すNo.3〜練習の仕方を間違えると!〜

今年からレッスン日誌に自宅での練習の様子を記入してもらっています。

それは、なぜか!!!

はじめに生徒には話していますが、

『こら〜〜〜今週練習全然できてないじゃないの!』と

叱るためではないので、正直に書いてきてね。

とお話ししています。

 

では、なぜ記入してもらうのかというと

私がこれを見て、頑張ったね〜!ってたくさん言ってあげたいから。

 

お家の用事があった、体調が悪かったなど

いろいろあると思います。そういう事も書いて大丈夫だからね。という事も言います。

 

叱るためではないのなら、なぜ必要????

 

それは、家での練習が間違った方向へ向かってしまっていないのか

そこを見てあげたいからです。

本来、練習時間に比例してピアノが上達するべきですよね

でも、間違った練習をしてしまうと、上達とは違う方向へ行ってしまう事もあるのです。

よくレッスン中にお話しするのが

「ただただ、この曲3回弾いておわり〜」ってなってない?と

尋ねます。

「漢字のお勉強する時って、もう覚えてる漢字まで何回も書いて練習する?」

覚えていない漢字だけを、何度も練習するよね?

曲だって、弾けてない部分を何度も練習するって、大切だと思わない???

曲には必ず、弾きにくい場所、難しい場所がありますから。

 

そういう事に気付いてもらえる様になってほしい。

生徒の努力がきちんと報われる様にレッスンしてきたいなと、思う日々です。

 

 

子供の力を引き出すNo.2〜褒めていけないわけではないで!!ご注意を〜

00000251

前回 子供を力を引き出す I believeで

褒めるではなく認めて!が大切をいう記事を書きました。

共感も声も頂けて、とっても嬉しかったです。〔小心者なので、、、〕

私は、思いを文章にする事がとても苦手なので、
《完全に感覚と直感で生きてきたので、、、》
言葉が足りなかったな〜と思うことがあって補足の意味も込め

この記事、No2で続きです。

褒めるではなく、認めると書きましたが

これは、

褒めていけない という事ではない!

ということ!

1位をとった、素晴らしい結果を残した時には

大いに褒めていいと思っています。

そこに至るまでの努力が絶対にあったはずだから🎶
努力は認められるべきですし、これからの努力に拍車がかかるのは間違えないから。

でも、立場によって整理しておくと良いかなと考えています。

親は、褒めるよりも認める認める!!

お友達、親戚、おじいちゃん、おばあちゃんからの褒め言葉

も〜どんどんWelcomですよね。

結果がでると、メダルもらった、みんなの前で表彰された等々、すごいね!って声を掛けられた。

すると、本人もしっかり努力が報われる

そして、またまた次も頑張ろうと努力する力の湧いてきますものね。

ただ、、、、

もし親が同じスタンスで褒めていたら

◉結果に甘んじてしまう恐れ

◉結果ばかりを気にする子供になってしまう恐れ、、、

は、あると思います。

こっちへいくと、結果がついてこないという負のスパイラルに突入するのです!!!!!!!!!!!恐ろしい!

つまり、

子供の力が完全に引き出せなくなる、、、

なので、我が子には

認めて認めての姿勢を貫く
I believe

大切だと思いませんか?

 

 

アスパラと言えば、北海道

image1

そら豆は、手に入りづらくても

美味しいアスパラは手に入ります〜!

北海道産のアスパラが出始めると

買わずにはいられません。

 

そして、そら豆に続きこちらも

茹でません!

この浅いタイプのルクルーゼ鍋

我が家では、すっかりアスパラ用。

塩とオリーブオイルと水を少々入れて

蓋をしてから強火で加熱。

image2

むいた皮も加熱時には入れています。

食べないけど、加熱時だけ利用。

 

さ〜今年も沢山アスパラを食べるぞ*\(^o^)/*

春は、そら豆

image

そら豆は、茹でないで

オリーブオイルで焼いてから

塩をふって食べるのが一番好き♡

外側の分厚い皮を、ポキっと折った時の楽しさ、子供も大好きです。

そして出てきた身の薄皮をむく時は、黒い部分を向いて

親指で下から押し出す。

するうと、身がプニッと出てきて、またまた楽しい!

そして、フライパンで焼いて食べる。

私にとっては、焼き栗の近い美味しさ。

旨味が凝縮されて、生臭さもなく何個でも食べれてしまいます。

こんな美味しいそら豆

北海道のスーパーで買うと、少量でなかなかのお値段でいて鮮度もイマイチ

なぜかなと調べてみると

他地域から空輸しているから。

10月から栽培を始めるようで、氷点下続きの北海道で育つはずがありませんよね。。。残念

子供の力を引き出すNo,1〜褒めてばかりでは、ダメ?!親バカが行きすぎると、、、

子供は褒めて育てましょう

と聞いた時、私は全く腑に落ちませんでした。

親が褒めてばかりだと、、、
→悪いことをしても放置。何でも許す→
→子供はわがまま放題、自己中心的になる→
→ちゃんとした子供に育たない

という思いから。

褒めてばかりの親って、どうなの?
そんなに、褒めてばかりいられないでしょう!って思っていました。

この私の疑問

解決した言葉がこちら

「子供は、褒めるのではなく、認めて育てよう」

褒めるとなると、フォーカスされるのは

結果になります。

◉たとえば、テストで100点とった、1番をとった

◉かけっこで1位になった

◉ピアノのコンクールで1位になった

などなど、たいてい他人との比較からの結果

 

まあ、結果を褒めるのは簡単ですよね。

だって親だって嬉しくて自然に褒めてしまっているもの〜。笑

でも、でも!!!これ危険!!!!!

これをやっていると子供本来の力を完全に伸ばす事ができない

と思います。

たとえば、かけっこで1位をとったとします

これって、たまたま一緒に走った子が自分より遅かったというだけで、、、
たまたま一緒に走った子が体調不良かもしれなくて

1位というのは褒めるポイントではないという事

親は褒めるのではなくて

認める

とすると、、、運動会を真剣に取り組む子供の姿を見て

かけるべき言葉は

*****************************

一生懸命やっていたね、

見ていたよ、

頑張っていたね

楽しそうだったね

*****************************

などなど

あるがままの姿を認めるだけでいいのです。

 

結果ばかりを褒めていると

親バカ〜って笑い話の範ちゅうからハミ出てしまい

バカ親となりかねないので注意が必要ですね!