みんな素敵なOnly 1(オンリーワン)比べないでね。





発表会の日が近づいてきました。

改めて綴りたい事は、発表会までの努力と同じくらい重要な事として、
発表会後の親の対応です。

私は選曲には、細心の注意を払って決めているつもりですが、

演奏する曲目には、

「上手そうに聴こえる曲」「華やかな曲」「地味だけど難しい曲」

っていうのがあります。

発表会でたくさんの子の演奏を聴いて

「Aちゃんの方が、難しい曲を弾いていたね」

「Bちゃんは、すごく上手よね〜」

などなど、なんでもない親の言葉が、子供をすごく傷つける事があります。

小学生のうちは、自己肯定感を上げるべく、

たくさんの自信をつける事が、大切だと思っています。

自分は素晴らしいかけ替えのないオンリーワンの人間。

(中学生になると、嫌でもテストの点数等で比べらる時期に突入ですからね、、、

その時、頑張れる力、源となるの事は、

小学生までの間に親がたくさん認めて育て、

自己肯定感が高いと、ぐんぐん多方面で伸びてくるのだと、私は思っています。)

なので、我が子をしっかり褒めて、認めてあげて欲しいです。

「すばらしい演奏だった」って言えない親の心境もわかります。笑

そんな時は、認めるだけでいいのです。

「お母さんは、あなたの演奏をちゃんと聴いてたよ」

「今日まで練習たくさんしていたね」

で十分です。

これを言わずして、あの子は上手だったなどなど

他の子の話をしないように気をつけてあげたいものです。

素晴らしい成功体験、自己肯定感がつけられる1日にしたいですね!

そして、今までの練習の記録を見直すのもどうしょうか?

そこには、努力の跡がしっかりと記入されているはずです。

発表会前までは、目標にむけて逆算するという役割もありますが
こんなに頑張ったって思えるお守りにもなるのではないでしょうか。

偉そうに言ってますが、私はこういうコツコツ記入する事ってとっても苦手です、、、

チーン、、、、、

だからこそ、生徒にはそれの重要性を知り、力を付けてもらいたいのです。

今回は、発表会の20日前
11月に入ってすぐに
本番までに100回は弾こうね!と声をかけました。

生徒によっては、目標回数は変えているので
昨日の時点で100回を超えている、K君は
150回を目指してもらう事にしましたよ!

一緒に逆算、、、

1日のノルマは朝4回、学校から帰宅後3回、夕飯の後に3回

これで1日10回弾けるのです!

子供の集中力で一気に10回弾くのはとても大変

お薬の様に朝昼晩、3回に分ける事をお勧めしています。

そして、みごと
目標私との約束を守ってくれて150回弾いてくれました。

もう、本番の成功か否かよりこういう経験が本当に大切なんだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です