シューマンについて




シューマンの生い立ち

1810年生まれのシューマン、ショパンと同じ年にドイツで生まれました。

父は文学をこよなく愛した、書籍商

母は、外科医の裕福な家庭で育ち、豊かな教養をもった音楽愛好家でした。

シューマンの音楽熱はここからきたと言われています。

家業の影響で、文学に親しんで育ち、文学や詩から影響を受けた曲が多くあります。

シューマン自身が傑作曲と表している曲の中のから

「子供の情景」Kinderszenen Op15の紹介です。

13の小品集からなります。

  • 第1曲 見知らぬ国と人々について
  • 第2曲 不思議なお話
  • 第3曲 鬼ごっこ
  • 第4曲 おねだり
  • 第5曲 十分に幸せ
  • 第6曲 重大な出来事
  • 第7曲 トロイメライ
  • 第8曲 暖炉のそばで
  • 第9曲 木馬の騎士
  • 第10曲 むきになって
  • 第11曲 怖がらせ
  • 第12曲 眠りに入る子供
  • 第13曲 詩人は語る

この曲を書いている頃、シューマンはクララに恋をしていました。愛するクララの、子供のような無邪気な姿からインスリピレーションを受け書かれたとされています。子供が弾くための曲というよりは、大人が子供の頃の心情を懐かしむ曲だと言われ、そのため、弾けば弾くほどに難しく感じる奥の深い曲ばかりです。

私のオススメ、ホロヴィッツ(Vladimir Horowitz)の演奏でご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です