「豊平区」タグアーカイブ

練習しなさいダメダメ!その9〜親と子は違う花〜

前回のその7で『心配からくるマイナスメッセージ』は
よくないという話を記事にしましたが、

褒める方がいいに決まってる!

って思いはあるのに、ついつい言い過ぎてしまうという事だと思います。
もちろん、私も子育て真っ只中。

いつも褒めてる?マイナスのメッセージ送ってない?

そんな訳ないですヨーーーー汗、汗、汗
親も子供と共に成長すればいいのでは!と自分を慰めながら過ごしています。

解決の糸口として思っていること、それは、

《子供と親は違う株の花》

だという事

母親は自分の身体から産まれた我が子なので
ついつい、

自分と同じ根を持ち、同じ株の中で咲く花、
だと勘違いしてしまうのではないでしょうか。

そして自分ではなし得なかったことを押し付ける、、、

でも、人はそれぞれ違う【種】から咲く花だと考えてみると

  • 親の思いとは全く違う花かもしれない
  • 親の理想とは全く違う環境の方がよく育つ品種かもしれない

、、、と

子育ての悪循環の元をさぐる

ここで子育てが難しいなと思うポイントを発見。

種を見ただけで、これが

何の花の種だか、教えてくれたらいいのと思う、、、

例えば、
これは【ひまわりの種】だとわかって育て始めれば、ひまわりに適した環境が明確にある程度情報が出回ってますよね。

でも我が子はというと、、、

どんな花が咲く?そもそも花咲く???
と心配、不安でしかありません。

なので、褒められない(≧∇≦)

の悪循環

わかりますよー!わかります。←私もついついマイナスメッセージかけてますから、、、

オギャーと生まれた時に

私はこんな花を咲かせます〜〜と説明書が付いていたなら、どんなに楽か、

って思いますもの。

でも、子は子の根っこがあり、自分の葉と茎から花を咲かせる。

だから、親に出来るのは水と肥料を与えること。

距離が遠すぎても近すぎてもダメって事ですね〜、難しい!!!

そう

完璧なんてないの《自分が完璧ではないので、これを強調》

でも、愛情があれば言いすぎたって、泣かせても、大丈夫。【虐待はだめですよー!!】

その背景にママの愛情があった事、子供ってよく感じ取ってますよね。

一番核にあるのは、子供への愛情という事になるのでしょうか、、、

それにしても、理想の母への道のりは険しい、、、

ありがたいことに私のお教室のママ様たちは、

ママ様自身もお子様自身も素敵に花咲いている!!!

仕事始め〜ピアノは脳にいいって本当!

本州は幼稚園や学校が始まったようですが

冬休みが長い札幌、、、

この時期は、ディズニーランドやキッザリアが空いていて、東京帰省には絶好のチャンス!
なので、

例年私のレッスンもお休みを頂いて、帰省するのですが、、、涙

今年は子供達の習い事などの関係で札幌にstay
私も今日から仕事始めとなりました。

脳に良いピアノを楽しく沢山弾いて、楽しい一年にしましょうね。

という事で、、、まずは、ピアノが弾くたくなるように

ピアノをお勧めする記事から、

脳科学者 澤口俊介先生のお言葉から

「まず、ピアノを習えばピアノに必要なスキルが身につくのは言うまでもないですね。しかし、ピアノが他の習い事と違うのは、それだけに留まらない万能性があるからなんです」

なになに〜! 万能性???

「両手を並列かつ複雑に使う、
そして特に重要なのは両手を同じように使いますが、
その使い方がまったく異なるという点です。
これは他のものにはない非常に
高度な行為なんですね。」

あ、当たり前に右と左違う事していますが、、、

他にも無い高度な行為?

ほっほ〜確かに。やってますよ、右と左で違う事。

↑ピアノを小さい頃から弾いているとあまり意識していないけど、高度な行為!

そして、常に右と左の役割は変わりますし、バッハなどは3声、4声の曲があり

それを2本の手で右で弾いたり左で弾いたり分担しながら、演奏してます!

《↑自信満々〜、、鼻高々〜》

初めの頃は、右手がメロディー、左手が伴奏ね!

という曲弾いてます。

が段々難しくなると、言葉では言い表せない程なんとも複雑なことしてます、してます。

もっと専門用語を用いて解説すると

「ピアノのレッスンを続けることによって、
脳の監督役でもある前頭前野が構造的に発達し、
HQの長期的な発達につながります。

また、脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が太くなり、
左右の脳のバランスがよくなるんです。

まだまだあります。
小脳も大きくなり、運動機能や知的機能、感情的機能までもアップします。
さらに、海馬とよばれる部分が発達し、記憶力がアップするので、
学力向上につながります。

つまり、ピアノを習うことによって、脳機能をまんべんなく育て“地頭”をよくすることができ、スポーツや学力まで効果を及ぼすんです」

参考サイト http://mama.bibeaute.com/article/10659/

4つの専門用語が出てきましたね。それぞれを補足するとこういう事でした。

  • 前頭前野・・・脳の監督役
  • 脳梁(のうりょう)・・・が太くなり、左右の脳のバランスが良くなる
  • 小脳・・・運動機能、知的機能、感情的機能
  • 海馬・・・記憶力

これらの脳機能をまんべんなく育てると

地頭がよくなるという事で、、、

ピアノが脳に良いのですね〜フムフム

地頭が良いという事は、何をするにも有利ですものね。

いくら地頭がよくても、コツコツ努力する事ができないと本末転倒ですが。。。

本年も一緒にコツコツがんばりましょうね。

あ、私もですね、、、爆

みんな素敵なOnly 1(オンリーワン)比べないでね。


発表会の日が近づいてきました。

改めて綴りたい事は、発表会までの努力と同じくらい重要な事として、
発表会後の親の対応です。

私は選曲には、細心の注意を払って決めているつもりですが、

演奏する曲目には、

「上手そうに聴こえる曲」「華やかな曲」「地味だけど難しい曲」

っていうのがあります。

発表会でたくさんの子の演奏を聴いて

「Aちゃんの方が、難しい曲を弾いていたね」

「Bちゃんは、すごく上手よね〜」

などなど、なんでもない親の言葉が、子供をすごく傷つける事があります。

小学生のうちは、自己肯定感を上げるべく、

たくさんの自信をつける事が、大切だと思っています。

自分は素晴らしいかけ替えのないオンリーワンの人間。

(中学生になると、嫌でもテストの点数等で比べらる時期に突入ですからね、、、

その時、頑張れる力、源となるの事は、

小学生までの間に親がたくさん認めて育て、

自己肯定感が高いと、ぐんぐん多方面で伸びてくるのだと、私は思っています。)

なので、我が子をしっかり褒めて、認めてあげて欲しいです。

「すばらしい演奏だった」って言えない親の心境もわかります。笑

そんな時は、認めるだけでいいのです。

「お母さんは、あなたの演奏をちゃんと聴いてたよ」

「今日まで練習たくさんしていたね」

で十分です。

これを言わずして、あの子は上手だったなどなど

他の子の話をしないように気をつけてあげたいものです。

素晴らしい成功体験、自己肯定感がつけられる1日にしたいですね!

そして、今までの練習の記録を見直すのもどうしょうか?

そこには、努力の跡がしっかりと記入されているはずです。

発表会前までは、目標にむけて逆算するという役割もありますが
こんなに頑張ったって思えるお守りにもなるのではないでしょうか。

偉そうに言ってますが、私はこういうコツコツ記入する事ってとっても苦手です、、、

チーン、、、、、

だからこそ、生徒にはそれの重要性を知り、力を付けてもらいたいのです。

今回は、発表会の20日前
11月に入ってすぐに
本番までに100回は弾こうね!と声をかけました。

生徒によっては、目標回数は変えているので
昨日の時点で100回を超えている、K君は
150回を目指してもらう事にしましたよ!

一緒に逆算、、、

1日のノルマは朝4回、学校から帰宅後3回、夕飯の後に3回

これで1日10回弾けるのです!

子供の集中力で一気に10回弾くのはとても大変

お薬の様に朝昼晩、3回に分ける事をお勧めしています。

そして、みごと
目標私との約束を守ってくれて150回弾いてくれました。

もう、本番の成功か否かよりこういう経験が本当に大切なんだなと思いました。

アップライトとグランドピアノの違い 〜楽器について〜

今日のレッスンで、「先生、家のピアノ〔アップライトピアノ〕で弾くと、今弾いた様にすべての音が鳴らなくて、、、出ない音があるんです、、、」って 高学年のYちゃん

アップライトピアノとグランドピアノは見た目の違いはもちろんの事、構造、音がなる仕組みが違います。

ある程度のレベルになると
自分の動き通りにピアノが反応してくれず、あれ?って感じることがありますよ🎶

これを感じてくれたYちゃん
そこまでピアノが上達したって事!私はこの質問をされて、嬉しさを感じたのでした《笑》

では解説していきましょう〜

グランドピアノで弾くとちゃんと音が鳴るのに
アップライトピアノでは音が鳴らない

それぞれの違いは以下の通りです。

●グランドピアノ●
押さえた鍵盤を3分の1まで戻すと次の音を鳴らすことができます。
→素早い連打、トリルも、繊細に奏でることができます。

●アップライトピアノ●
押さえた鍵盤が完全に戻らないと、次の音を鳴らすことは不可能です。
→グランドピアノに比べて、素早い音の連打やトリルに限界があります。ピアニッシモの演奏に限界があります。

YAMAHAのHPのデータによると
グランドピアノの連打 1秒間に14回
アップライトピアノの 1秒間に7回

というデータ【YAMAHAのHP】も出ています。

ある程度速い音を奏でられる様になると、この違いを感じてしまうのです。

ピアノを専門に勉強するならグランドピアノをと言われる所以は
こういう所にあるのですね。

ただ、置くためには住居問題もクリアーにしなければならないので、
そう簡単にグランドピアノを用意できないのが実情ですよね。

これを問題視していろいろな開発もされています。

アコースティックピアノや
グランフィールピアノ

電子ピアノもお値段の幅がすごくありますし、、、、

先生に相談しながら、楽器を用意される事をお勧めします。

これからも楽器について綴っていきたいと思います🎶

 

 

子供の力を引き出すNo.2〜褒めていけないわけではないで!!ご注意を〜

00000251

前回 子供を力を引き出す I believeで

褒めるではなく認めて!が大切をいう記事を書きました。

共感も声も頂けて、とっても嬉しかったです。〔小心者なので、、、〕

私は、思いを文章にする事がとても苦手なので、
《完全に感覚と直感で生きてきたので、、、》
言葉が足りなかったな〜と思うことがあって補足の意味も込め

この記事、No2で続きです。

褒めるではなく、認めると書きましたが

これは、

褒めていけない という事ではない!

ということ!

1位をとった、素晴らしい結果を残した時には

大いに褒めていいと思っています。

そこに至るまでの努力が絶対にあったはずだから🎶
努力は認められるべきですし、これからの努力に拍車がかかるのは間違えないから。

でも、立場によって整理しておくと良いかなと考えています。

親は、褒めるよりも認める認める!!

お友達、親戚、おじいちゃん、おばあちゃんからの褒め言葉

も〜どんどんWelcomですよね。

結果がでると、メダルもらった、みんなの前で表彰された等々、すごいね!って声を掛けられた。

すると、本人もしっかり努力が報われる

そして、またまた次も頑張ろうと努力する力の湧いてきますものね。

ただ、、、、

もし親が同じスタンスで褒めていたら

◉結果に甘んじてしまう恐れ

◉結果ばかりを気にする子供になってしまう恐れ、、、

は、あると思います。

こっちへいくと、結果がついてこないという負のスパイラルに突入するのです!!!!!!!!!!!恐ろしい!

つまり、

子供の力が完全に引き出せなくなる、、、

なので、我が子には

認めて認めての姿勢を貫く
I believe

大切だと思いませんか?

 

 

子供の力を引き出すNo,1〜褒めてばかりでは、ダメ?!親バカが行きすぎると、、、

子供は褒めて育てましょう

と聞いた時、私は全く腑に落ちませんでした。

親が褒めてばかりだと、、、
→悪いことをしても放置。何でも許す→
→子供はわがまま放題、自己中心的になる→
→ちゃんとした子供に育たない

という思いから。

褒めてばかりの親って、どうなの?
そんなに、褒めてばかりいられないでしょう!って思っていました。

この私の疑問

解決した言葉がこちら

「子供は、褒めるのではなく、認めて育てよう」

褒めるとなると、フォーカスされるのは

結果になります。

◉たとえば、テストで100点とった、1番をとった

◉かけっこで1位になった

◉ピアノのコンクールで1位になった

などなど、たいてい他人との比較からの結果

 

まあ、結果を褒めるのは簡単ですよね。

だって親だって嬉しくて自然に褒めてしまっているもの〜。笑

でも、でも!!!これ危険!!!!!

これをやっていると子供本来の力を完全に伸ばす事ができない

と思います。

たとえば、かけっこで1位をとったとします

これって、たまたま一緒に走った子が自分より遅かったというだけで、、、
たまたま一緒に走った子が体調不良かもしれなくて

1位というのは褒めるポイントではないという事

親は褒めるのではなくて

認める

とすると、、、運動会を真剣に取り組む子供の姿を見て

かけるべき言葉は

*****************************

一生懸命やっていたね、

見ていたよ、

頑張っていたね

楽しそうだったね

*****************************

などなど

あるがままの姿を認めるだけでいいのです。

 

結果ばかりを褒めていると

親バカ〜って笑い話の範ちゅうからハミ出てしまい

バカ親となりかねないので注意が必要ですね!

 

 

練習しなさいダメダメその8〜弾けるようになりたい?

春は新規入会の方がいらして
とっても大きなパワーを頂いています。

それは、「弾けるようになりたい」という
自らの意志が溢れているから!!

日々やらなければいけない事が沢山ある中で
ピアノに通い学び弾けるようになりたい

という、思い

この核

「弾けるようになりたい」という思いが

これが何より大切なんだなと思います。

 

生徒は学校で歌う合唱の伴奏譜を、よく持ってきます。
子供向けの編曲ではなく
ちょっと難しい?って思う時もあります。

でも、決して
『これは、〇〇ちゃんには少し難しくて無理ね』
なんて、ぜ〜〜〜〜〜ったい言いません。

まずかける言葉は
『この曲の伴奏やりたいの?』と
問いかけます。
『うん!』と元気よくの時は問題なく
うん!じゃあ、練習がんばろう!となるのですが、、、
よくよく考えて
『う〜ん、、、弾きたい、、、かな?』など
渋々の時、

その背景には私に弾けるのだろうか
先生に無理って言われるのではないか?

等々の心配事が背景にあるようです。

努力をするのは、本人です。
本人が弾きたいって言うかが
私の判断基準です。

難しい所は音を省いたり編曲したり
そこは、私の出番!喜んでお手伝いします🎶

『この曲弾けるようになりたい!』

という思いの核
これがあれば、目標に向かって走り続けられるのです。

この曲弾けるようになりたい!という気持ち

大切に育てたいです。

KANAピアノ教室

 

 

練習しなさいダメダメその7〜心配からくるマイナスメッセージ〜

このシリーズ、11月から随分間が空いてしまいました、、、反省

今回は、告知したままになっていた、心配からくるメッセージ
これ、すごく難しいですよね

親ですもの、我が子が思い通り、理想通りに行動していないと
カッチーン!!!ときますよ。←私のこと???笑

すると、つい

練習しなさい!勉強しなさい!って言いたくなる

でも、冷静に考えるとそれって心配から来てませんか?

宿題の課題曲が弾けてない、発表会の曲が弾けてない

親は、人生経験が豊富なので
その練習では、本番きちんと弾けない、先生のお宅できちんと弾けない
と結果を想像できるから心配するのです。

でも、、、、

子供はどうでしょう、、、、

練習してない自分を棚に上げて、無邪気に遊んでる

それを見て、余計に親はイライラ!ピリピリ!!!

モーーーーーーー!

いい加減に練習しなさい!と言いたくなるけです。

 

「練習しなさい!」が良くない事は、もうおわかりでしたね。

それ以外にも、心配からくるメッセージには

「大丈夫なの?間違えないで弾けるの?」

「発表会間に合うの?間違えないで弾けるの?」

という心配メーッセージを掛けてしまう親御さんもいるようです。

、、、その子の演奏は、

《弱々しく心配の音を奏でます》

そして、子供も

「あ〜間違えたらどうしよう」とよく言います。

私は、そんな生徒に

「弾く前から間違える事考えてるの?弾く前から間違えのこと考えてたら楽しく弾けないでしょっ。間違えるのは結果よ、そんなこと考えてもしょうがないじゃない!」

と言って弾かせます。

でも、私も音大の試験の直前、いつも「間違えたらどうしよう、上手く弾けなかったらどうしよう」と考えている人でした。そんな私の結果はご想像の通り、、、涙

これは、実体験から確実に言えること。

「発表会大丈夫?間に合うの?」

などと、心配を親が口にすると
子供にも伝染します。

「発表会大丈夫かな?弾けるかな?」と、、、
それは、明らかにマイナスメッセージ!

【上手に弾けない】【間違えてしまう】

と脳にインプットされるのです。

なので、絶対に不安な気持ちは口にださにようにお願いしたいです。

かといって、放置でいいの?勝手にしてなさいと、何も言わない?

ダメダメ!

肥料やり環境整備は親の役目

不安な気持ちがあれば、是非是非子供の演奏を聴いてあげてください。
間違えを正すのではなく、【プラスのメッセージ】を!!
『少しづつ良くなってるね!努力してるからだね。偉いね』
『この部分素敵な曲だね』など

ポイントは、結果《素晴らしい演奏》に目を向けるのではなく
過程《練習している、ピアノに向かってる、弾けるようになりたい気持ち》を
クローズアップしてください。

部分的に弾けてる場所でも

演奏姿勢でも、

1音でも

イイね〜!!と

声をかけてあげてください。

間違えを見つけた場合は、
「ここはソじゃなくてソの♯でしょ!」

と答えを教えるのではなく、
楽譜を指差し「ここ良く見て」と本人に気付かせましょう。

そして、一個ずつ不安を取り除いていきましょう。
カレンダーや手帳に練習した日をチェックして
努力を目に見えるようにするのもオススメですよ。