リトミックって何?どんな効果があるの???




リトミックという言葉を聞いて、どういうものか、想像できますか?

私が一番短い言葉で説明するとするならば、ズバリ

身体を使って音楽を楽しめて、効果が無限大のお得な習い事

と言えると思います。

そして、子供が生まれて初めての習い事に最適!0歳からですよ〜

その上、楽しむだけの習い事ではありません。

効果がすごいのです!子育てはすぐに結果が目に見えないのが残念ですが

小さい時にリトミックをやっておくと間違いなく、いい影響があるのです!

詳しく解説していきますね

リトミックでリズム感をつけよう!

リズム感???あ〜うちは音楽は興味ないから〜という方もよく聞いて下さいね。

リトミックでリズム感をつける事が大切なわけを!

親が音楽まったく出来ないから、うちの子もそんな才能ないわ〜って考えをお持ちの方

待ってくださいね、

能力は、生まれた後に育んでいくもの。

親の能力は全く関係ありません。

なので、読んでみてくださいね。

リズム感は、音楽だけでは、ないのですよ〜

スポーツも!!!

そして算数も!!!

リズム感あると、高い能力を期待できると立証されているのですよ。

スポーツにもリズム感って想像できますか?

たとえば、

人気の習い事として、サッカーがありますね。

スポーツにはリズムでしたね。

さあリフティング何回できるかな?と練習するとします。

***注意!サッカーの知識は全くありませんので、今回いろいろ調べました。汗***

↓オススメの練習方法として、こうありました↓

ワンバウンド⇨キック 「トトン」というリズムから

やはりリズムなんですよ、リズム!!!

ワンバウンド⇨キック「トトン」というリズムから といわれます。

トトンと言われて、それが体でキチンと表現できれば

リフティングだって、リトミックをやっていれば、

やっていなかった子に比べて格段に上手になるって事ですよ。

サッカーでなくても、

他には、水泳!

プール教室で初めに習うのは、

先生と手をつないで潜り、一緒に水に顔をつけられるかでした。

ただ潜れれば良いのではなく、リズム良く

「ウ〜ん、パァー」のリズムで

3回連続でした。

ウ〜ん←この時に潜る

パァー←この時に水中から顔をあげて、大きく口を開けて「バァー」というもの。

はい、ここでもリズム感ですね!

運動系はずべてリズムと言えると思います。

次にお勉強系で

算数もリズム

これは、私がピアノのレッスンをしていて思う事です。

小さい時を例にあげると

まず、算数の初歩は数唱から、数を唱える事ですね。

まだ、1から10が覚えたての子がいます、

その子に数を数えて貰うと

いーち(1)、にーい(2)、

さーん(3)、しーい(4)、

ごーお(5)、ろーく(6)、

はーち(8)、

きゅうーう(9)、じゅう(10)

となったりしませんか?

数唱が完璧でない時は、こうなりますよね。

これを聞いて、「ん???」なんか変、、、

なんか足りなくない?って

リズムで、感覚で分かるのが良いのです。

算数は、論理的思考回路を使うより、右脳を使った方が格段に能力が発揮できます。

わかりやすいのが、『ソロバン』ですね。

そろばんは、まさにリズム感だと感じます。右脳教育の代表格ですね!

楽譜をよむ力で最低限必要なの事として、

  • 音の高さ
  • リズムの理解

この二つは最低条件です。

リズムの理解で苦戦すると、音楽を演奏する能力(歌う事もふくめ)を高める事も格段に難しくなります。

 

そして、なにより重要な事は

大きな声で言いたいです!

リズム感をつけるには、小さいうちに!

という事です。

大きくなってから努力で埋められる能力と、そうでない、どうにも出来ない能力があるのです、

なので小さい時に是非!

子供の運動能力、算数能力、リズム感を少しでも高めてあげたいと思っている方

ぜひぜひ、一緒にリトミックを楽しみませんか?

あ!いろいろ書きましたが、一番大切な事は

親子で楽しい時間を持つ事です。

リトミック教室がそんな時間となればと思っています。

 

プライバシーポリシーはこちら
ブログへのお問い合わせはこちらまで

kanapiano77kana@gmail.com