これから問われる思考力に検定があった




英検と漢検は以前から知っていましたが、
算数・数学 思考力検定は知りませんでした。

私だけでしょうか、、、

我が家は、今年初めて受験する思考力検定を紹介したいと思います。

大学受験も変わってくると言われていて、

暗記型の受験問題から、思考力を問われる時代と言われていますが、

正に、そこを見据えているのだなと感じます。

公式を覚えて、それに当てはめて計算するという事ではないのです。

しっかり問題を理解して考えて答えを導く力、多角的に物事を考えられる力が、これからは大切だと言われています。

10級から準2級までがあり、高校入試においてこの検定が優遇される学校もあります。

受験者の声の中には、ワクワクする問題で楽しかったとありました。

楽しんで、検定を受けているうちに力がつくと嬉しいですよね。

受験の目安は

10級  1〜2年生程度
9級   3年生程度
8級   4年生程度
7級   5年生程度
6級   6年生程度
5級   中1程度
4級   中2程度
3級   中3程度
準2級  高一程度

となっていました。

算数 数学 思考力検定のHPには、過去問題も載っているので、興味のある方はご覧くださいね。

 

その他の検定

漢字といえば、漢字検定 【http://www.kanken.or.jp/】

我が子たちの幼稚園は石井式 【http://www.isiisiki.co.jp/hoshiki/】漢字教育を採用していて、

幼稚園では、漢字の絵本を読んでいたはずなのですが、、、
漢字への興味を特にもたなかったようで、漢検は年相応のものしか受けていません。

その代わりに、ヨコミネ式の方が合っていた様で、二人とも逆立ち歩きを得意でしたよ〜。笑

これも個性ですね、押し付けは禁物。

あれもこれも、完璧になんてやっていたら、子供は楽しく学べなくなってしまい、伸びるものも伸びなくなるように思います。

その子の興味があるものだけで、満足する事としてます。

英語には

英検【http://www.eiken.or.jp/eiken/】やTOEIC【http://www.toeic.or.jp/】

すべて受けていたら目が回りそうですよね。

周りに流されずに、情報に振り回されずに、地道に歩んでいきましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です